検索

ラーメン屋で気が付いた日本の凋落

海外から帰ってくると、

日本は歴史も文化もしっかりした国だな、と感じます。

そういう国に生まれることはラッキーなことです。


ところで総合的に考えて、

日本の良さ、日本人の良さとは何でしょうか?


ひとことで言えば、民度が高いことでしょうか?


大災害に瀕しても暴動が起きることもなく、

人々はルールにしたがって静かに行動します。

譲り合い、助け合いの精神を大事にします。

逆に言えば、もしそれが無くなったら、

日本人は日本人で無くなってしまうかもしれません。


いや、すでに日本人が日本人らしい長所を

失い始めているとしたら?


先日、行きつけのラーメン屋に行った時の話です。

朝11時開店と同時に入店しました。

一人だったので、壁際の二人掛けのテーブルに着きました。

店内はガラガラで、私ひとりです。


ふとテレビの方を見ると、イランが米軍基地に

報復攻撃を行ったニュースが流れていました。

私は思わずテレビの前のテーブルに移動して

ニュースに見入りました。


すると、若い女性のウェイトレスが来て、

憮然とした声で言いました。


「ひとりならあちらのテーブルでお願いします」


私は答えました。


「そのルールは知っているけど、

 ちょっとこのニュースが見たい。

 今、客は僕ひとりだから、ちょっと見せてくれないかな?」


「いえ。社長に言われてますから」


見るからに、言われたことを

言われたとおりにしかやりません、

自分の頭では一切考えません、という態度です。


するとそこに店長が出勤して来ました。

彼女が店長に話してくれというので、

40代と思しき店長の男性と立ち話になりました。


私は、店の基本的なルールは承知しているが、

あまりにも融通がきかなすぎるんじゃないか?

と尋ねました。


すると店長は静かにうなずきながら言いました。


「お客さんのおっしゃることはよくわかります。

うちも以前は客の要望に応じて柔軟に対応していました。しかし….」


店長の顔が曇りました。


「あまりにもわがままなお客さんが増えてしまったのです。

店の都合はまったく無視で、混んで来たから

席を移ってくれるようにお願いしても断られることが多くなりました。

高齢者でトラブルを起こす人も増えました」


「最近はこんなこともありました。

テレビでサッカー日本代表の試合を流していたら、

ある年配の客が、自分はNHKしか見ないからNHKに変えろ、

と言って来たのです。それで、NHKに変えたら、政見放送でした。

その瞬間、他の客がしらけたのを感じましが、

その客はお構いなしです。

つい昨日も、年配の客が入って来て、

金はないけどラーメンを食わせろとしつこく迫るのです」


「そんなことが頻繁に起きるので、

柔軟な対応も難しくなってしまったのです」


店長の話を聞いて、暗然とした気持ちになってきました。


つまり、店側は自分勝手で迷惑な客の多さに嫌気がさしていて、

柔軟に対応するカスタマーサービスを行う気も

無くなっているというわけです。

迷惑な客は若い世代よりも、

むしろ高齢者に多いという点も気になります。

平均寿命が延びたのはいいとしても、

痴呆の兆候を示す人が増えてしまったら問題です。


長引くデフレと所得の減少、自主的に考えさせない教育など、

原因は多岐にわたるかもしれません。


いずれにしても、このラーメン店は、

開店直後のガラガラの状態でも、

ひとりの客がテレビ近くの4人掛けのテーブルに座ることを

頑なに拒否する体質になってしまったのです。

店が混みだす前に去るのは明らかなのに…。


私は店長に言いました。


「なるほど、そんな状況だったのですか。それは大変ですね。

しかし、そんなことなら、

テレビなんて要らないんじゃないですか?

ラーメンさえ美味しければそれでいい。

客はラーメンを食べて帰ればいいのです。

問題の種は少しでも少ない方がいいでしょう?」


店長は無言でうなずいていました。


自分さえよければいいという態度の客と、

言われたとおりにしか動きたくない従業員。


こんな日本人の姿は見たくありません。

こんな風潮が一般化したら、

日本は確実に衰退の道を歩むでしょう。


しかし、この店が直面する問題が

特殊だとは私には思えないのです。


開店直後のラーメン屋で

テレビニュースを見ようとしたばかりに、

思いがけず日本が日本でなくなっていく姿を

垣間見てしまったのかもしれません。


日本の危機はこんなところに現れているのです。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110


※メルマガ登録はこちらから↓

◆日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

https://www.mag2.com/m/0000110606.html

最新記事

すべて表示

安倍首相への手紙

令和2年2月25日 内閣総理大臣安倍晋三殿 平素より国政への粉骨砕身の取組み、心より感謝申し上げます。 私たち「日本エア野党の会」はネットで緩やかに結ばれた日本国内外の有権者のネットワークです。この度は中国本土で発生した新型コロナウィルスに対する政府対応について、僭越ながら有権者の立場からご意見申し上げたく、レターをしたためさせて頂きました。どうか寛大なお気持ちでご一読ください。 国内感染の拡大が

新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること

新型コロナウィルス、 とうとう日本も国内流行期に突入したようですね。 これからどこまで感染が広がり、 重篤者や死者が出るか、予断を許しません。 この状況に至っても、日本政府は 中国の湖北省と浙江省からの 入国制限しかしていません。 なぜ諸外国と同じように 全中国からの入国を禁止しないのか という声が様々な方面から挙げられています。 一方、入国制限はしなくてよい と主張する専門家の方々もいらっしゃい

安保条約60周年日米共同発表で日本人が真剣に考えるべきこと

1月19日で日米安全保障条約が署名されてから60年が経ったそうです。 1月17日には、茂木敏充外相、河野太郎防衛相、 米国のポンぺオ国務長官、エスパー国防長官の4人の名前で、 「日米安全保障条約の署名60周年に際する共同発表」が行われました。 内容を要約すると、 「安保条約を結んだ先人たちの英知と勇気と先見の明に敬意を表し、 今後も日米同盟を強化し、日米両国が共有する価値と諸原則を 堅持するとのゆ