検索

メルボルンのモーテルで発見された中国人の遺体が物語ること

現在、オーストラリアでは

中国人スパイの政治亡命申請が

大きな話題となると共に、

改めて中国に対する警戒心が高まっています。

中国は即座に否定していますが、

中国があらゆる分野で浸透工作を行っている事実を

裏付ける証拠はたくさんあります。


クライブ・ハミルトン教授による

中国による浸透工作の実態を暴いた著書

「サイレントインベージョン」がベストセラーとなり、

アメリカが明確な対中対決姿勢を

打ち出した文脈で発生した

今回の中国人スパイ亡命事件は

ドキュメンタリーでも放映され、

大変な衝撃をもたらしました。


豪メディアは11月23日、香港、台湾、オーストラリアで

スパイ(工作)活動を行ってきたとする

王力強(Wang Liqiang)が

オーストラリアへの政治亡命を申請したことを伝えました。


王氏はまだ27歳と若いのですが、

彼が人気報道番組「60ミニッツ」で証言した内容は、

香港で彼の上司だった人民解放軍情報将校の実名を含めて、

実に生々しく、信憑性を感じさせるものでした。


たとえば香港では、全ての大学に工作員を送り込み、

味方のふりをして、香港民主化、

独立支持派のグループに潜り込ませる。

そして、リーダーやメンバー、

およびその家族の個人情報を取得し、

公に晒すことで恐怖を与えて黙らせる。


彼や彼のボスのようなスパイ(工作員)は、

普段は上場企業の社員という表の顔を持ちながら、

対抗勢力の監視と浸透工作、メディアの取り込み工作を行い、

それに必要な資金を企業から支出させる。


また、王氏は、台湾で独立派を落選させる工作や、

香港で本屋の店主が拉致された事件に

直接関与していたと証言しました。


一方、中国・上海の警察当局は即座に、

「王氏は詐欺容疑で捜査されていた逃亡犯で、

2016年には詐欺罪で懲役1年3か月の

執行猶予付き有罪判決が確定していたが、

今年2月にはさらなる架空の投資話で大金を騙し取り、

警察が捜査を開始する直前に香港に逃亡した」

と発表しました。


これに対して、オーストラリア国内では、

ジャーナリストも政治家も

「性急に結論には飛びつかず、慎重な審査を行う」

という論調が主流となっています。


しかし、時を同じくして、

驚くべきニュースが飛び込んできました。

日本では読売新聞が報じましたが、

中国の情報機関が、オーストラリアで

今年5月に行われた国会議員選挙に、

ある中国系オーストラリア人男性を

立候補させようとアプローチしていたというのです。


この男性はオーストラリアに帰化している32歳で、

高級車販売ビジネスを営み、与党・自由党員でした。

中国の情報機関はこの男性に、

百万豪ドル(7500万円)を供与する見返りに、

中華系住民が多いメルボルン東部の選挙区から

立候補するように説得していたそうです。

もちろん、目的はこの男性を中国政府の傀儡として

オーストラリアの国会に送り込むことです。


なぜそんなことがわかっているかというと、

その男性はその経緯を

オーストラリア当局に通報していたからです。


そして、その男性は選挙前の3月に、

メルボルンのモーテルで遺体で発見されたのでした。


このことが報じられるわずか三日前、

元ASIOのトップ、ダンカン・ルイス氏は、

地元紙のインタビューの中で、

「中国がオーストラリアの政治を乗っ取ろうとしている」

と警告は発したばかりでした。


ASIOはこれまでも繰り返し、

「外国政府による浸透工作が前例のない規模で行われている」

と警告を発し続けて来ました。

もはや、疑う余地はありません。

これはもちろん、日本を含めた多くの国で実施されています。


翻って、日本政府は習近平国家主席を来春、

国賓として迎えると発表し、

政府高官は日中関係は完全に正常化し、

良くなっていると言って憚りません。

その一方で、中国共産党は

国内で習金平主席の中日友好政策が

大成功していることをトップニュースとして伝えています。


これは何を意味しているでしょうか?


中国共産党による対日工作、とりわけ、

政界工作は既に大成功を収めているということに他なりません。


習近平国賓来日を阻止できなければ、

日本は再度国家存亡の危機を迎えることになるでしょう。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110 )

最新記事

すべて表示

安倍首相への手紙

令和2年2月25日 内閣総理大臣安倍晋三殿 平素より国政への粉骨砕身の取組み、心より感謝申し上げます。 私たち「日本エア野党の会」はネットで緩やかに結ばれた日本国内外の有権者のネットワークです。この度は中国本土で発生した新型コロナウィルスに対する政府対応について、僭越ながら有権者の立場からご意見申し上げたく、レターをしたためさせて頂きました。どうか寛大なお気持ちでご一読ください。 国内感染の拡大が

新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること

新型コロナウィルス、 とうとう日本も国内流行期に突入したようですね。 これからどこまで感染が広がり、 重篤者や死者が出るか、予断を許しません。 この状況に至っても、日本政府は 中国の湖北省と浙江省からの 入国制限しかしていません。 なぜ諸外国と同じように 全中国からの入国を禁止しないのか という声が様々な方面から挙げられています。 一方、入国制限はしなくてよい と主張する専門家の方々もいらっしゃい

安保条約60周年日米共同発表で日本人が真剣に考えるべきこと

1月19日で日米安全保障条約が署名されてから60年が経ったそうです。 1月17日には、茂木敏充外相、河野太郎防衛相、 米国のポンぺオ国務長官、エスパー国防長官の4人の名前で、 「日米安全保障条約の署名60周年に際する共同発表」が行われました。 内容を要約すると、 「安保条約を結んだ先人たちの英知と勇気と先見の明に敬意を表し、 今後も日米同盟を強化し、日米両国が共有する価値と諸原則を 堅持するとのゆ