検索

宮川典子議員の思い出

去る9月12日、自民党の宮川典子衆議院議員が

乳がんで逝去されたとのニュースに触れ、

衝撃を受けると共に、落胆しました。


と言いますのは、私は5月28日に

宮川議員を衆議院議員事務所に訪ねていたからです。


訪ねたのにはわけがありました。


アメ通読者の方ならご存知のように、

今、中国は世界中で覇権拡大の為の

浸透工作を大々的に実行しています。


合法的に社会の様々な分野に浸透して、

中国共産党の利益になるように影響力を行使します。

その為に最大限活用されるのが移民です。

その移民を包括的にコントロールするのが

党の中央組織である統一戦線工作部です。


ターゲットはありとあらゆる分野に及びますが、

主たるターゲットのひとつが大学です。

そのやり方がすごい。


現地に移住している中国人大富豪が

ポケットから20億円、

30億円というキャッシュをポンと出して、

ビジネススクールのビルを建ててしまったり、

瀟洒な博物館を立ててしまったり….


ハードもすごいけど、

ソフト面からのプッシュも凄いです。


これまた現地在住の大富豪がキャッシュを積んで、

大学に親中シンクタンクを設立してしまう。

そして、引退して暇を持て余す

有名政治家をトップに据えて、

どんどん親中発言をさせる。


かつてバブル経済に踊った日本人は、

現地の五つ星ホテルを買い漁ったりしていましたが、

こういう発想は毛ほどもありませんでした。


そして、大学生を直接ターゲットにするのが孔子学院です。


西側先進国の大学にアプローチして、

「こちらで資金を出すので、孔子学院を作りませんか?

安く中国語が学べるし、中国へ留学もできます。

教科書も先生もこちらで支給します」と誘います。


これで豪州でもアメリカでも日本でも、

多くの大学が孔子学院を開設しました。


しかし、最近になって、北米では孔子学院が

スパイ・プロパガンダ機関と認定されて、

閉鎖が相次いています。


オーストラリアでも最近、

孔子学院の中高生向けである

孔子学級が閉鎖されることが決まりました。


中国共産党の浸透工作は非常に巧妙ですが、

その危険性が広く認知されるようになってきました。


ところが、日本ではその世界の流れに反して、

つい最近新たに孔子学院を

華々しくオープンした大学があるのです。


山梨学院大学です。


「山梨学院大学孔子学院は5月12日、

 山梨学院大学で来賓や関係者約100人が出席して

 同孔子学院の開設式を行いました。

 

 古屋光司理事⻑は


「今や日本の貿易相手国はアメリカを抜いて中国が1位、

 観光立県山梨も中国からの観光客が目に見えて増えている。

 今後ますます中国語・中国文化に

 精通した人材の育成が必要になる。

 日中相互の発展に寄与していきますと挨拶」


(山梨学院大学HPより)


その際撮られた記念写真の最前列中央で、

笑みを浮かべていたのが宮川典子議員だったのです。


そこで「これは真意を正さねば!」

と面談を申し入れたというわけです。


宮川議員は、私がどういう用件で来るかを察しながらも、

気持ちよく受け入れてくれ、

なぜ自分が孔子学院の開設式に立ち会ったかを

とうとうと説明してくれました。


宮川議員は山梨学院大学附属高等学校出身で、

英語教師として赴任したこともあること、

家族ぐるみで山梨学院とのゆかりが深いこと、

普段、中韓に厳しい保守政治家の自分が

出向くことがけん制になっていることなどなど….


明るく快活な方で、教師としても、

政治家としても人気を集めるだろうな、と思いました。


拙書を贈呈し、今後の協力を約束しながら、

事務所を辞する際、実はふと気になったことがありました。


もしかして、健康に不安があるかな?

という思いが頭をよぎりました。


しかし、宮川議員のひまわりのような笑顔を見ると

そのような思いも吹き飛び、是非またお会いしたい

と思いながら事務所を後にしたのでした。


そして突然の訃報。


本当の一期一会になってしまいました。

茫然としながら、ひたすら思い出すのは

宮川議員の人柄の良さがにじみ出る明るい笑顔と、

よく通る快活な声でした。


宮川議員のご冥福を心からお祈りいたします。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110 )

最新記事

すべて表示

安倍首相への手紙

令和2年2月25日 内閣総理大臣安倍晋三殿 平素より国政への粉骨砕身の取組み、心より感謝申し上げます。 私たち「日本エア野党の会」はネットで緩やかに結ばれた日本国内外の有権者のネットワークです。この度は中国本土で発生した新型コロナウィルスに対する政府対応について、僭越ながら有権者の立場からご意見申し上げたく、レターをしたためさせて頂きました。どうか寛大なお気持ちでご一読ください。 国内感染の拡大が

新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること

新型コロナウィルス、 とうとう日本も国内流行期に突入したようですね。 これからどこまで感染が広がり、 重篤者や死者が出るか、予断を許しません。 この状況に至っても、日本政府は 中国の湖北省と浙江省からの 入国制限しかしていません。 なぜ諸外国と同じように 全中国からの入国を禁止しないのか という声が様々な方面から挙げられています。 一方、入国制限はしなくてよい と主張する専門家の方々もいらっしゃい

安保条約60周年日米共同発表で日本人が真剣に考えるべきこと

1月19日で日米安全保障条約が署名されてから60年が経ったそうです。 1月17日には、茂木敏充外相、河野太郎防衛相、 米国のポンぺオ国務長官、エスパー国防長官の4人の名前で、 「日米安全保障条約の署名60周年に際する共同発表」が行われました。 内容を要約すると、 「安保条約を結んだ先人たちの英知と勇気と先見の明に敬意を表し、 今後も日米同盟を強化し、日米両国が共有する価値と諸原則を 堅持するとのゆ