検索

日本人よ、お上信仰を捨てて自立せよ!

最近、行く先々で多くの方々から

声を掛けられて質問を受けます。

トピックは様々ですが、できるだけ簡潔に

わかりやすくお答えするように努めています。


そしてあることに気づきました。

私が政府や与党の対応の問題点を説明すると、

皆さんポカンとした顔をして、

信じられないという様子なのです。

ある初老のご婦人が私に言いました。


「そんな、私にもわかるようなことを、

選挙で選ばれた政治家や国家試験に合格した官僚が

わからないわけがないですよね?

きっと、もっと深い考えがあって、

表面上はそう発言しているだけじゃないんですか?」


そこで私が事実(ファクト)ベースでさらに説明しても、

「そんなバカな」と信じられないという顔をしています。


こいう反応がものすごく多いです。


つまり、日本人は「お上」を物凄く信頼しているのです。


難しいことは「お上」が考えること。

一般庶民は一生懸命働いていればいい。

まだまだその傾向が強いような気がします。


もちろん、そう考えない人も多いことは知っています。

しかし、一般的に、日本人には

無条件に自国政府を信頼し、

政治家も官僚も一般人より賢くて、

頭のいい人たちが国を治めている(はず)、

という漠然とした期待感を抱いている人が

まだ多いのも事実ではないでしょうか?


少なくとも、自分のような市井の人間が

わかるようなことを政府の人間が

わかっていないはずがない、と思い込んでいる、

もしくは、信じようとしているように感じます。


それは理屈ではなく、事実でもなく、

漠然とした「期待」です。

日本人ほど統治機関を信頼している国民も珍しいでしょう。

「お上信仰」と言っても過言ではないかもしれません。


たとえば、外務省の対外発信が

いかに誤解を呼ぶか、また、

英訳されるといかに不適切か、

それによってどれだけ海外で酷評されているか

具体例を示して説明しても、

「そんな馬鹿な、だって外務省こそ

専門家のはずじゃないですか?」

と言って困惑してしまいます。


まあ、対外発信は実のところ難しいテーマで、

まして英語表現の問題となれば無理もありません。

いちいちチェックする日本人なんて稀です。


しかし、もっと一般的な問題について解説しても、


「まさか、政府の方が

わかっていないはずはないですよね?

私にもわかることなんですから」

とおっしゃる方がとても多い。


では、我々は確実に自分たちより優秀な人を

政治家に選んでいるでしょうか?

官僚に至っては、難関大学を卒業して、

難関国家試験を突破しているのだから、

優秀に違いないという、ある種の信仰があります。


しかし、受験勉強に強い人が

責任感を持って国民国家の為に

いい仕事をするという保証はどこにもありません。


むしろ、与えられた枠組みに

自分をはめ込むことに

何の抵抗も感じない人が多い可能性があります。

そして、巨大な官僚組織に入ってしまえば、

組織の論理と倫理に支配されてしまいます。


日本は戦後長いこと、

国益を尊重する教育を意図的に避けてきましたから、

官僚トップを務める人間が

平気で自分のモットーは「面従腹背」

と言ってはばからない信じがたい現実が

現出してしまいました。


私が言いたいことは、

政治家や官僚の能力が

国民が期待するほど高くはない、

ということではありません。


根拠のない「お上信仰」を捨てて、

政治家や官僚を「業務委託先」

とみなす発想を持つべきだ、

ということを言いたいのです。


我々国民はまさに、政治家や官僚に

業務委託をしているのです。


社外に業務委託する企業で、

料金を払いながら、業務のクオリティや

進行状況をチェックしない企業があるでしょうか?

あり得ないと思います。


まず、政治家は真剣に選ぶ。


その上で、根拠のない「お上信仰」を捨て、

業務委託者として、業務委託契約が

守られているかきちんとチェックし、

問題があれば指摘し、改善を求めていく。

積極的にアドバイスも提言もする。

それが「日本エア野党の会」の精神なのですが、

私はそれが政治活動だとは考えていません。

国民の、有権者の、そして納税者の

当然の権利であり責務だと考えます。


では、「お上信仰」を捨てるにあたって

必要なことはなんでしょうか?


それは主体性を持って、

「自分の頭で考える」習慣を持つことに他なりません。


「自分の頭で考える」ことをせずに、

国民の権利を守ることも、

国益を守ることもできないでしょう。

民主主義とは、判断を独裁者に任せず、

ひとりひとりが自分の頭で考えることに他ならないのですから。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110 )