検索

日本のメディアが報じない岩屋毅防衛大臣の文在寅称賛発言

全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。


またまた岩屋毅防衛大臣が物議を醸しています。

今度は、英国国際戦略研究所(IISS)が

シンガポールで主催する

IISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)に参加の6月1日、

韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と非公式会談し、

自ら「レーダー照射問題を棚上げして未来志向の関係を築こう」

と提案したというのです。


おまけに、鄭国防相と満面の笑顔で握手する写真まで披露され、

自民党内からも厳しい批判の声が上がっています。


いったい岩屋大臣は何のつもりで何を言ったのでしょうか?


私が代表を務める「日本エア野党の会」では、

いつもの通り、韓国でどのように報じられたかを、

韓国語の原文にあたって検証することにしました。

すると、韓国では日本で報道されていない

岩屋大臣の発言が報じられていることがわかったのです。


エア野党では、岩屋毅議員事務所に

事実確認を求めるレターを送りました。

ポイントはふたつに絞りました。


まず第一点は、岩屋大臣は本当に

「レーダー照射問題を棚上げにするような提案をしたのか?」

という点です。


6月3日付の朝鮮日報には次の記述がありました。


岩屋防衛相は“(レーダー問題は)どちらかが譲歩して

答えが出る状況ではない”とし、

“我々の見解に変わりはないが、

未来志向的な関係を作るために一歩踏み出したい”と述べた。


これが事実なら、岩屋大臣は

勝手にレーダー問題を棚上げにして、これまでどおり交流しよう、

と提案した、つまり、日本側が折れて

歩み寄る姿勢を見せたと解釈されても仕方ありません。


本当にこのような発言をしたのか?それが第一の質問です。


第二点は、日本国内では報道されていない

岩屋大臣の発言に関する事実確認です。


6月2日、韓国の聯合ニュース(韓国語オリジナル)で

下記の報道がありました。


聯合ニュース

韓米日国防相"非核化への外交努力で

緊密に協力"国連決議の徹底履行"

送稿時間|2019-06-02 13:20

https://www.yna.co.kr/view/AKR20190602029651504


この記事の中で、以下の記述があります。


「岩谷防衛相は、米朝間の1回目の首脳会談は

"たくさんの期待と希望を与えた"、

"文在寅大統領に深く感謝を表する"と述べた」

(山本光一訳)


この発言が事実ならば、日本は、

今後も韓国に米朝の「仲裁」を期待する

という意思を示したと解釈される恐れがあります。


周知のとおり、親北主体思想信奉者の文在寅大統領に

米朝仲介の能力はなく、2月の米朝会談後は

北朝鮮からも協議を拒否されている有様で、

現時点でこのような発言を行うことは不適切と言わざるを得ません。


奇妙なことは、この岩屋大臣の文在寅称賛発言が、

聯合ニュースの韓国語版と中国語版だけで報じられており、

日本語版からも英語版からも抜け落ちていることです。


聯合ニュースによる捏造の可能性もあるわけですから、

岩屋大臣は本当にこのような発言をしたのかどうか、

自ら明確にする必要があるでしょう。

これが第二の質問です。


もし、聯合ニュースによる捏造報道だった場合は、

岩屋大臣は断固抗議すべきです。


岩屋大臣は自らの言動について

「全く問題ない」と弁明しているようですが、価値判断の前に、

厳密な事実確認を行うのが先決ではないでしょうか?


岩屋議員事務所には

迅速で誠意ある回答をお願いしたいと思います。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

最新記事

すべて表示

安倍首相への手紙

令和2年2月25日 内閣総理大臣安倍晋三殿 平素より国政への粉骨砕身の取組み、心より感謝申し上げます。 私たち「日本エア野党の会」はネットで緩やかに結ばれた日本国内外の有権者のネットワークです。この度は中国本土で発生した新型コロナウィルスに対する政府対応について、僭越ながら有権者の立場からご意見申し上げたく、レターをしたためさせて頂きました。どうか寛大なお気持ちでご一読ください。 国内感染の拡大が

新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること

新型コロナウィルス、 とうとう日本も国内流行期に突入したようですね。 これからどこまで感染が広がり、 重篤者や死者が出るか、予断を許しません。 この状況に至っても、日本政府は 中国の湖北省と浙江省からの 入国制限しかしていません。 なぜ諸外国と同じように 全中国からの入国を禁止しないのか という声が様々な方面から挙げられています。 一方、入国制限はしなくてよい と主張する専門家の方々もいらっしゃい

安保条約60周年日米共同発表で日本人が真剣に考えるべきこと

1月19日で日米安全保障条約が署名されてから60年が経ったそうです。 1月17日には、茂木敏充外相、河野太郎防衛相、 米国のポンぺオ国務長官、エスパー国防長官の4人の名前で、 「日米安全保障条約の署名60周年に際する共同発表」が行われました。 内容を要約すると、 「安保条約を結んだ先人たちの英知と勇気と先見の明に敬意を表し、 今後も日米同盟を強化し、日米両国が共有する価値と諸原則を 堅持するとのゆ