検索

訪日韓国議員団の皆さん、あなた方の大統領を糾弾してから出直しなさい

全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。


日韓関係改善を模索して、

韓国の超党派国会議員団11人が来日したそうです。

報道によると、彼らは謝罪の意を示すことも

対応策を提案することもせず、

ただ日本の軟化を期待して訪れたようです。


いかにもと言ってしまえばそれまでですが、

お粗末極まりないですね。

まずは自分たちの親分の態度を

徹底的に正してから来るべきでした。


肝心の文在寅大統領自身は

どんな思考をしているでしょうか?

オリジナルの韓国語ソースを検証してみましょう。


エア野党会員の山本光一さんからの報告をご紹介します。


---------------------


5月9日夜に、1時間半近くにわたって行われ、

韓国で全国に生中継された文在寅大統領のインタビュー、

文在寅政府2年特集対談「大統領に聞く」を

邦訳して検証してみましょう。


現在も青瓦台(韓国大統領府)のサイトに

動画と共に全文掲載されています。

https://www1.president.go.kr/event/2nd/tvtalk


その最後のほうで日韓関係について語っています。


その部分の記事の小見出しには

「韓日関係:新天皇即位を機に韓日関係発展を希望、

歴史問題が足を引っ張ることは遺憾」とあります。


文大統領は、このインタビューを担当した

KBS(日本のNHKに当たる)の女性記者の質問に、

こう答えました。


記者:

過去の歴史の問題は、私たちとしては、

現在となっては過去は消すことのできない問題であり、

この過去の歴史の問題が韓日関係の足かせになって、

あまりにも長い時間が経過しました。

実質的に協力すべき問題が多いはずなのに、

まったく進められていません。

しかし、日王

(※韓国メディアは「天皇」ではなく「日王」としている)の

交代がひとつのきっかけとなったためでしょうか、

日本では日王の訪韓を推進する話も

マスコミで取りざたされていると承知しています。

この事案について検討されましたか?


大統領:

違います。(天皇の訪韓については検討していない)

とにかく日本で新しい天皇

(※天皇と言っている)が即位したことを機に、

韓日関係がもっと発展してほしいという希望を持っています。

私は韓日関係はとても重要だと考えており、

これからも、もっと未来志向的に

発展していかなければならないと思っています。

ただ、それは困難に直面しており、

歴史問題が両国関係の発展の足を引っ張っているのですが、

それは決して韓国政府が作り出している問題ではありません。


過去に厳然と存在した不幸な過去のために、

韓日基本協定が締結されはしましたが、

人権意識が高まり、また国際規範がより高まる中、

依然として少しずつ傷が表に出てきているのです。

この問題によって未来志向的な協力関係が損なわれないよう、

両国政府がうまく知恵を集める必要があるのです。


しかし、日本の政治指導者たちが

頻繁にこの問題を国内の政治問題として扱っているため、

歴史問題が未来志向的な発展の

足を引っ張ることが繰り返されていると思います。

私は両国が共に知恵を集めていくことを願っています。


記者:

来月のG20での韓日首脳会談は準備に入った状況でしょうか?


大統領:

そのとき日本を訪問しますが、

その機会に安倍首相と会談ができれば、

それはいいことだと思います。


--------------------


いかがでしょうか?

「未来志向」だの、「両国の知恵」だのと言いながら、

相変わらず自らの行為は顧みずに

相手を責めるだけの甘え思考ですね。


訪日韓国議員団に対し、

元外交官の松川るい参議院議員は

自民党本部で開かれた会談で次のように発言したそうです。


「日韓関係は史上最悪だが、

それは韓国が過去の合意を無視して、

一方的な行為を繰り出してきたためだ。

韓国こそ歴史を直視してもらいたい。

特に、徴用工訴訟は深刻で、韓国が解決の努力をしなければ、

日韓関係は底無しで悪くなり得る。

本来、日韓は協力して北東アジアの

明るい未来を切り開いていくべきであり、韓国の努力を求めたい」

(zakzak 5.23.2019)


さすが松川議員ですが、

そもそも、ここまで韓国を甘やかした

日本政府が一番悪いとも言えるのです。

正しくハンドルしていれば、

今頃ずっとまともな国になっていた可能性もあります。


言葉を多用するのではなく、

かちっと目に見える制裁をすることが一番大切なのです。

「本気の怒り」を示すことです。


ここがなかなか理解してもらえない点ですが、

さっさと経済制裁でも何でも

「本気度」を示していれば

今頃ずっといい結果になっていたでしょう。


本来は、ソウルの日本大使館前に

慰安婦像が設置された時点で制裁を発動しておくべきでした。

その際は目に見えるダメージを与えることです。


ビジネスに悪影響が出るのが怖い、と及び腰になると、

それを見透かされてさらなる攻撃を受けることになります。

歩み寄ると軽蔑されます。


金正恩だって、第一回米朝会談の際に

歩み寄る姿勢を見せたのは、

米国が軍事攻撃に踏み切る可能性が

現実的だったからです。


非常に残念なことですが、

日本的な「歩み寄りの姿勢」は逆効果となり、

相手にばかり有利な「未来志向」を

押し付けられることになってしまう。

それが国際社会の現実です。


韓国相手には、彼らが日本に対して抱き続ける

「甘えの構造」を突き崩さなくてはなりません。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

最新記事

すべて表示

安倍首相への手紙

令和2年2月25日 内閣総理大臣安倍晋三殿 平素より国政への粉骨砕身の取組み、心より感謝申し上げます。 私たち「日本エア野党の会」はネットで緩やかに結ばれた日本国内外の有権者のネットワークです。この度は中国本土で発生した新型コロナウィルスに対する政府対応について、僭越ながら有権者の立場からご意見申し上げたく、レターをしたためさせて頂きました。どうか寛大なお気持ちでご一読ください。 国内感染の拡大が

新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること

新型コロナウィルス、 とうとう日本も国内流行期に突入したようですね。 これからどこまで感染が広がり、 重篤者や死者が出るか、予断を許しません。 この状況に至っても、日本政府は 中国の湖北省と浙江省からの 入国制限しかしていません。 なぜ諸外国と同じように 全中国からの入国を禁止しないのか という声が様々な方面から挙げられています。 一方、入国制限はしなくてよい と主張する専門家の方々もいらっしゃい

安保条約60周年日米共同発表で日本人が真剣に考えるべきこと

1月19日で日米安全保障条約が署名されてから60年が経ったそうです。 1月17日には、茂木敏充外相、河野太郎防衛相、 米国のポンぺオ国務長官、エスパー国防長官の4人の名前で、 「日米安全保障条約の署名60周年に際する共同発表」が行われました。 内容を要約すると、 「安保条約を結んだ先人たちの英知と勇気と先見の明に敬意を表し、 今後も日米同盟を強化し、日米両国が共有する価値と諸原則を 堅持するとのゆ