検索

国民には政治家を育てる義務がある



全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。


先日、東京プリンスホテルで開催された、

自民党最大派閥である

「清和政策研究会」のパーティーに行ってきました。

言わずと知れた安倍総理の派閥です。


人の多さにびっくり!

なんと5000人以上の出席者がいたそうです。

まさに日本の政治の中心ですね。


私も行って良かったです。

挨拶に立った著名政治家のスピーチを聞いて、

日本の舵取りを担う先生方の情勢認識がよくわかりました。


細田博之清和政策研究会会長

「米中貿易戦争が勃発しているが、

保護主義が台頭するのはよくない。日本は反対の立場だ」


米中貿易戦争は米中覇権戦争。

米国の技術を盗みまくる一方で

「米国を押しのけて世界の覇権を握る。

台湾統一に武力行使も辞さない」

と公言して憚らない中国の脅威はもはや洒落にならないから、

トランプも返り血覚悟で戦わざるを得ない。


私の眼には追い詰められて焦る米国の必死の姿が映ります。


中国が仕掛ける超限戦は本当に凄いです。

豪州では「やりたい放題」と形容してもおかしくありません。

ありとあらゆる手段を講じて、

外国の自治権を無視して

自分たちに都合の悪い言論を弾圧し、選挙にも干渉します。

そして、その先兵となっているのが

中国本土から流れ込む移民なのです。

保護主義とかいうレベルの話ではありません。


岸田文雄政調会長

「日中関係は劇的に改善いたしました!」


尖閣海域への中国公船の侵入、止まりましたっけ?

中国で拘束された日本人に実刑判決が出ている

と報道されていますよね?見殺しでしょうか?

米国に押されて苦しいから

日本叩きを一旦停止するのは当たり前ですよね?


石原伸晃近未来政治研究会会長

「ヨーロッパでは極右が台頭して移民を排斥しようとするなど、

世界は右傾化している。自国優先の政策は国を滅ぼす。

日本は全ての国々と仲良くやる」


いまや世界では移民が

安全保障上の大問題になっていますね。

外国人労働者大量導入に踏み切った日本も

もはや他人事ではありません。

右傾化なんていう単純な問題ではありません。

それを理解せずに全ての国々と仲良くするなんて、

まさに日本国憲法の理念。国を滅ぼします。


日本、かなりやばいかもしれない。


後で聞いてみたら、そう思った方も多かったみたいです。


そんなわけで、本来、一般の国民が

触れられない情報を得られる立場にいる方々の

認識が非常に甘い可能性があることがわかって有意義でした。


私たちはどうすべきでしょうか?


まず、私たち自身が認識を変えるべきでしょう。


ネット時代になって、政治家や官僚よりも、

一般国民の方がより正確に

国際情勢を理解しているという状況があり得る時代となりました。


政治家を「偉い先生」と見做して任せる時代は終わりました。


その一方で、

「政治なんて汚い!政治家なんてゲスな人間がやることだ!」

と忌避するのも間違いです。


私はこう考えます。


「政治家なんて、面倒臭い仕事を引受けてくれて

 本当にありがとうございます」

「我々の代表ですから、様々なアドバイス、

指摘、建設的批判を行って支援します!」


かつて日本の近代化をリードした福澤諭吉は、

国家の近代化を果たしても、

日本人に近代国家市民としての

当事者意識が欠如していることを嘆いていました。


当事者はあくまでも一般国民であり、有権者です。


いたずらに政治家を持ち上げたり、逆に軽蔑したりしないで、

国民がよく人選したうえで育てていく意識を

持つ必要があるのではないでしょうか?


政治家は選ぶものから育てるものへ。


民間には素晴らしい能力と才能を持った人が埋もれています。

そんな人達を総動員して、みんなで政治家を育むことでしか、

現在日本が直面する国難を乗り切ることはできないでしょう。


人任せにしたら滅びるだけです。


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110