検索

駅の電光掲示板の外国語表記を止めるべき本当の理由



顧客との会議に出席するために電車の駅に急ぐサラリーマン。


改札口をくぐって、電車の行先と時刻を確かめようと

電光掲示板を見上げる。


と、そこには解読不可能な外国語の文字が溢れ、

日本語は一文字もない。

唖然としながら、ひたすら日本語が現れるのを待つ。


しかし、次に現れるのも理解不能な外国語。

為す術もなく立ちつくすサラリーマンが乗るはずだった

電車のドアが閉まり、駅を離れていく….。


・・・・・・・・・・・・


全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。


皆さんも、これと似たような経験をされたことがありませんか?

日本にいるのに、日本人が全く読めない表示が溢れ、

大多数の日本人が不便な思いを強いられていると感じませんか?


困惑した人が思い余って鉄道会社に苦情の電話をかけると、

お決まりの答えが返って来ます。


「これからオリンピックを控え、

 世界中から多くのお客様がお見えになりますので、

その方々の便利を考えての処置でございます。

どうぞご理解お願い申し上げます」


これって、国交省の行政指導なのでしょうか?


世界広しといえども、こんな間抜けな国はなかなかありません。

日本人は「おもてなし(hospitality)」を完全に履き違えています。


自分たちが読めない文字で掲示板を埋める…

それでは媚びていると受け止められます。

観光客はその国にしかない異国情緒を求めてくるのです。

多民族国家のオーストラリアでもこんなことはしません。

駅の表示は英語表記だけです。

病院やトイレには多言語での注意書きがありますが…。


きっと多くの方が同じように感じていらっしゃるのではないでしょうか?


しかし、日本人がせっかく不便に耐えているのに、

もし、肝心の外国人が便利に感じていなかったらどうでしょうか!


最近発足し、私が代表になっている

「日本エア野党の会」(https://www.tea-party.jp/)の会員さんから、

非常に鋭い指摘がありましたので、以下に紹介させて頂きます。


韓国語は、英語と同じく、n ng を正確に使い分けます。


東京都葛飾区の「青戸」は、


青戸

aoto


と、漢字とローマ字を併記することで、

韓国人には十分によく分かります。


それをハングルで表記して

아오토

と表記すると、

「ト」の音(토)が「トォ」と、ちょっと強くなります。


日本語の「ト」の音と、

ぴったり対応する音が韓国語にはないのです。


近い音では「아오도」(アオド)

「아오또」(アオット)というのもありますが、

強いて言えば、

「아오토」(アオトォ)が一番近いかな、という感じ。

つまり、英語の「aoto」が一番正確なのです。


韓国人は漢字表記はあまりしませんが、

漢字は義務教育で習っていますから、ある程度、分かります。


だから、漢字語と英語で十分なのです。


漢字語+ハングルならまだしも、ハングルだけだと、

音が日本語の原語と微妙に違うので、むしろ分かりにくいです。


日本の駅名のハングル専用表記は、

韓国人の自尊心を満足させることはあっても、

実用的ではない、ということです。

韓国人以外は基本的に

ハングルを読めないのは言うまでもありません。


もう少し説明します。今度は逆のパターンを考えてみましょう。


ソウルの地下鉄5号線の往十里から下り5駅を

漢字とローマ字で表記してみます。


往十里 wangsimni

馬場  majang

踏十里 dapsimni

長漢坪 janghanpyeong

峨嵯山(子供大公園後門)

 achasan (rear entrance to Seoul Children's Grand Park)


まあ、漢字の方を見れば、読めなくても一応わかりますね。


ここで韓国が一夜にして

親日国になったと想像してみましょう(無理?)。


そして、韓国の鉄道会社が駅の電光掲示板に

日本人のためにカタカナだけで表示してくれるようになりました。


 ワンシムニ

 マジャン

 タプシムニ

 ジャンハンピョン

 アチャサン(オリニデコンウォンフムン)


これ、かなりきつくないですか?


しかも、日本人が一生懸命これを読んで聞かせても、

韓国人には聞き取れず、

この人、何語をしゃべっているのだろう、

って感じなのだそうです!


もうおわかりですね。


旅行者への親切心なら、

日本語とローマ字で統一した方がずっと合理的なのです。

困る人がいなくなります。


石井啓一国土交通大臣殿、いかがでしょうか?


全日本国民と世界から来る観光客のために、

オリンピックまでに駅の表示は全て

日本語とローマ字に統一しましょう!


( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110

最新記事

すべて表示

安倍首相への手紙

令和2年2月25日 内閣総理大臣安倍晋三殿 平素より国政への粉骨砕身の取組み、心より感謝申し上げます。 私たち「日本エア野党の会」はネットで緩やかに結ばれた日本国内外の有権者のネットワークです。この度は中国本土で発生した新型コロナウィルスに対する政府対応について、僭越ながら有権者の立場からご意見申し上げたく、レターをしたためさせて頂きました。どうか寛大なお気持ちでご一読ください。 国内感染の拡大が

新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること

新型コロナウィルス、 とうとう日本も国内流行期に突入したようですね。 これからどこまで感染が広がり、 重篤者や死者が出るか、予断を許しません。 この状況に至っても、日本政府は 中国の湖北省と浙江省からの 入国制限しかしていません。 なぜ諸外国と同じように 全中国からの入国を禁止しないのか という声が様々な方面から挙げられています。 一方、入国制限はしなくてよい と主張する専門家の方々もいらっしゃい

安保条約60周年日米共同発表で日本人が真剣に考えるべきこと

1月19日で日米安全保障条約が署名されてから60年が経ったそうです。 1月17日には、茂木敏充外相、河野太郎防衛相、 米国のポンぺオ国務長官、エスパー国防長官の4人の名前で、 「日米安全保障条約の署名60周年に際する共同発表」が行われました。 内容を要約すると、 「安保条約を結んだ先人たちの英知と勇気と先見の明に敬意を表し、 今後も日米同盟を強化し、日米両国が共有する価値と諸原則を 堅持するとのゆ